初心者がFX(外国 為替 証拠金)体験【こうなるFX】 FXのスキャルピングがしりたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのスキャルピングがしりたい!

FXのスキャルピング

についてしらべてたらこんな記事が有りました

■私のスキャルピング手法
デイトレードのなかでも超短期売買のことを『スキャルピング」といいます。
私は今、このスキャルピングでトレードしています。
仕事から帰宅して、NYスタート前までの2~3時間で
およそ15~30回程短期売買をします。...
私のスキャルピング手法?【スキャルピングとは】「3万円からのFX投資生活さんのブログから引用」


売買の時間は最短で3秒くらい。最長でも30分で決済します。

私は特に技術が高いわけでもなく、判断力や相場観が抜群なわけではありません。

もちろん毎日の取引回数が多いので経験は多く積むことが出来ていると思います。

FXの情報商材も買ったことはありません。

しかし、無料で利用できるFX業者のチャートやツール、マーケット情報をいろいろ駆使して

自分なりのトレードルールを作っています。
「3万円からのFX投資生活さんのブログから引用」

こんにちは、ジジイです。
2010年、まずは基本に立ち返り、スキャルとは? なにかを述べてみます。...
スキャルとは?「ジジイのスキャル日誌 ~ 独自手法で年利回り100%さんのブログから引用」


明確な定義があるわけではありませんが、非常に短い時間で売買を繰り返すことをスキャルと呼びます。
新規にポジションを持ってから、短い場合には数秒、長くても数分ほどで決済し、小さな利益を積み重ねる手法です。

スキャルという短縮形が定着していますが、正しくはスキャルピング(scalping)です。
scalpを辞書で引くと、1.頭皮 2.戦利品 3.〔転売して得る〕手っ取り早く手に入るもうけ という意味があります。

超短期取引のスキャルに対し、「デイトレ」というと1日1~2回くらいの取引を行うイメージがあります。
「スイング」というと1~2週間ポジションを持ち続けるイメージです。
いずれも、明確な定義があるわけではありません。

もともとスキャルと言えば、株式投資で用いられる手法で、
一昔前は、「FXではスキャルなんて無理」という意見が多数でした。
スプレッドが広かったからです。
FXでスキャルをする場合、一概には言えませんが、5~10pips程度の利益を取りに行くケースが多いと思います。

しかし、つい3年ほど前は、業界トップクラスの低コスト業者でも、ドル円のスプレッドが3pips程度と、
今では考えにくい高コストでした。
従って、ポジションを持った時点で3pips負けているのに、5pipsの利益を狙いに行くというのは、
確かに手法として無理がありました。

しかし現在では、ドル円のスプレッドは0~だったり、1銭未満に固定されていたりするので、
FXでスキャルは十分可能になっています。

スプレッドの狭さは、FXでスキャルをする上で要(かなめ)です。
「ジジイのスキャル日誌 ~ 独自手法で年利回り100%さんのブログから引用」


このノウハウはつかえるかな?試してみますか!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FX初心者トレーダー青山

Author:FX初心者トレーダー青山

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。